会社員向けビジネス経済情報&転職マガジンbyAsa

現代の会社員向けのビジネス情報をお届けしていきます。

海外からみた日本の資産形成の現状 

こんにちはAsaです。

前回は、30代からの資産形成について

お伝えいたしましたが、どうだったでしょうか。

30代に関わらず、資産形成は早ければ早い程

良いとされています。

本日は、もう少し幅広い視点より、

外国からみた日本人の資産形成の

取り組みについてのコラムを

お届けしようと思います。

f:id:hashiasa:20210508195630j:plain

 

 

◆日本と海外の貯金の違い

「タンス預金」という言葉を聞いたことはありますか?

日本ならではの言葉ですね。

日本国内の運用されずにプールしているお金は何百兆円とも言われています。

銀行や郵便局に入っている預金の他、

把握されていない個人保有のお金も合わせると、

さらに眠っているお金は存在していると考えられます。

実際に私の両親は、タンスの引き出し奥に

預金しているのを昔から知っています

言葉通りですね(笑)

日本の金融資産は、半数以上が現金・預金。

アメリカの金融資産は、半数近くが

株式・投資信託

互いに先進国であるのに、

どうしてこういった真逆な現象が生じて

いるのでしょうか。

それは、いくつかの理由が考えられます。

 

◆金銭感覚や意識

お金は真面目に稼いで手に入れるもの

お金儲けの話はいやらしい

お金はコツコツと貯めるもの

などという日本の風潮が

以前より潜んでいます。

一方海外では、この様な概念はありません。

お金はただ生活に必要不可欠なツールです。

この日本の考えは、真面目に仕事に取り組む姿勢として、

海外でも高く評価されていますが、

金銭管理においては、日本人にとって

マイナス要因になってしまう場合が多いようです。

一生懸命働いたのに、お金があまり貯まっていかないのは、

しんどいし、悲しいですよね。

f:id:hashiasa:20210508195617j:plain

◆金融教育

最近になり、日本人もお金のことについて

正しく学ぼうとする人が増えてきてきました。

しかし、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどでは、

早い段階より、社会と金融の関係や金融商品などの詳細を、

子どもたちに教えるシステムづくりをしてきました。

小学生の頃より、お金のマネジメント教室などの課外授業があり、

お金について学ぶ環境が用意されています。

日本でも、金融庁がお金の知識と判断力について

学ぶ事の必要性を呼びかけ始めましたが、

まだまだ普及するにはかなりの時間が

必要であるという現状です。

 

いかがでしたか。

日本も少しずつ変化していますが、世界的にみて、

まだまだ遅れている金融への取り組み。

それには、一人ひとりが意識を変え、

取り組んでいかなくてはいけません。

国が保障してくれる時代は、

終わりに近づいています。

未来の自分や家族のために、

今から資産形成に取り組み

始めてはいかがでしょうか。

30代から始める資産形成

こんにちは、Asaです。

皆さんは将来に向けて資産形成は

行っていますか?

一昔前は、郵便局に預けておくと、

なんとほぼ2倍近くの利子がついていたそうです。

10年定期預金で、0.7%の利子

100万円を10年預ければ170万円

となっていました。

今じゃ到底考えられない話ですよね。

本日は、ターニングポイントを迎える

30代からの資産形成についての

コラムをお届けしていきたいと思います。

f:id:hashiasa:20210508195554j:plain

 

なぜ30代から資産形成を始めるのか

ライフスタイルの変化

結婚・出産・育児・住宅購入など、

まとまった資金が必要なライフイベントが多く控えています。

将来必要となる老後の生活費も踏まえると、

資産形成をしていかなければと考えるようになります。

まずは「何年後にいくら必要であるか」を把握しましょう。

 

仕事や収入の安定化

30代になると仕事も安定し始め、

貯蓄もある程度増えます。

また、様々な経験や知識より、

経済や世の中の情勢など知っていくにつれ、

疑問や不安も抱き始めます。

他、20代の頃と比べ、

夜中遊ぶことが出来なくなったり、

脂っこい物が沢山食べられなくなったりと、

体調の変化も感じ始める方が多いのではないでしょうか。

こういった時に、誰しもが

「健康でいることが何よりもかけがえのない財産」

であることを痛感します。

心身ともに健康で満足できる老後を見据え、

資産形成を考え始める方が増えていくのです。

 

金利時代

現在まで金融緩和は続き、

2020年には定期預金の利子は0.012%まで下がりました。

これは、100万円を銀行に預金したとしても、

年間利子は120円になる計算です。

ジュース1本分、もしくは物によっては

ジュースも買えません(笑)

f:id:hashiasa:20210508195604j:plain

資産形成の手段

 財産形成貯蓄制度(財形)

積立定期預金

貯蓄型保険

個人年金保険

学資保険

低解約返戻金型終身保険

外貨建て保険

変額保険

確定拠出型年金

つみたてNISA

などが主にあります。

 

世界情勢も関与してきますので、

自分で勉強して学んでいく事が必要です。

そうでないと、いざという時に、

冷静な判断ができない上に、

悪い話に騙されるリスクがあります。

勉強する時間がない方は、資金を上乗せし、

プロに任せるのもいいでしょう。

例え、少額当時でも、

長期的スパンで考えると効果は大きく、

資産形成は早く始めれば始めるほど有利となります。

お金の価値は常に変動しているので、

学びながら将来の資産を形成し、

運用していきましょう。

結婚情報比較ネット一括資料請求で初めの第一歩

こんにちは、Asaです。

前回、婚活前の事前準備について

お話いたしましたが、いかがだったでしょうか。

悩まれている皆様のヒントになれば幸いです。

さて本日は次のステップ、実践です。

しかし、数ある結婚相談所の中で、

まだ一つに絞れない、

といった方に、まとめていくつかの会社を

比較できるシステムをお伝えします。

それは、「結婚情報比較ネット一括資料請求」です。

大手結婚相談所最大10社へ

一括で資料請求ができます。

 

料金システムやサービス内容、

限定のキャンペーンなどを記載した資料が、

各結婚相談所から案内が送られてきます。

最近私も実際に、この一括資料請求をしてみました。

そこでよかった点をお伝えします。

 

f:id:hashiasa:20210503143811j:plain

 

婚活情報資料一括請求をしてみて良かったこと

①プライバシー

送り主は結婚相談所と分からないよう、

無記名封筒で送ってくれるので、

家族に知られることなく

受け取る事ができました。

また、このサイトは、

SSLシステム

(やり取りしているデーター通信を暗号化し送受信させる仕組み)

を介して厳重に個人情報管理をしているそうなので、

個人情報の入力の際も、とても安心できました。

 

②比較

この一括資料請求は、

厳選に審査され通過した大手会社が在籍しています。

資料請求すると、年代に合った資料を

数日後に届。

窓口に行くと勧誘があって断りずらそう、または苦手だ、

各社をネットで全て調べていくのは面倒だ、

いう方はまずは、資料請求をし、

書面にて比較する事をお勧めします。

私はこの資料請求した会社の中から、

気になった3社へ後日、

窓口へ出向き直接お話しを伺いに行きました。

これは、めんどくさがりな私にとって

非常に効率が良かったと思います。

 

f:id:hashiasa:20210503150223j:plain

③お得情報

資料請求をすると、ネットでは載っていないサービス内容や、

お得なクーポンがついてくる事もあります。

資料請求すると、会社側から電話がかかってきます。

そこで質問もできますし、

メール連絡を止めたい場合は、

連絡が来た際に利用停止したい事を伝えてると、

個人情報削除とサービス停止依頼が速やかに対応してくださるので、

とても安心ですね。

 

どうでしたか。

初めの一歩がなかなか踏み出せない時、

まずは資料請求から

始めてみてははいかがでしょうか。

最短で巡り会うための婚活事前準備とは

こんにちは、Asaです。

皆さんは、「婚活」と聞くと

どういったイメージをもたれますか?

最近は、晩婚化が進み

男女共に需要がすごく高まってきてい。

せっかく婚活をするなら、理想の男性・女性に

出会いたいものですよね。

本日は、早く理想のパートナーと巡り会うためには、

どんな事前準備が必要かという事を

お伝えしていこうと思います。

 

理想のパートナーと早く出会うための事前準備

f:id:hashiasa:20210502183652j:plain

 

①目的

まずは、何事にも目的が必要です。

普段私たちは、無意識に目的をもって

行動をしています。

目的地がないと、そこにどうやってたどり着いていいのか、

手段や道順など具体的に考える事ができません。

また、これが定かでないと、途中迷子になってしまい、

時には回り道をしたり、途中で嫌になって立ち止まって

しまうかもしれません。

「両親に孫の顔が早くみたいから」

「仲のいい友達が結婚したから」

などの他人任せに理由ではなく、

「自分は今結婚して子供が欲しいと思っているのか」

「今自分は結婚するタイミングであるのか」

などと自分自身の目的や動機を考えていってみて下さい。

 

②自己分析

「今の自分がどんな状況なのか」

「相手に求める絶対的なもの」

「理想の結婚生活」

など、自己分析しておかないと、

中々理想のパートナーと巡り会う事ができません。

なぜなら、自分で自分の事を知っていないと

自己アピールができませんし、

いざという時にどう選択をしたら良いか

分からなくなるからです。

もちろん、自分の事をアピールしたり、

本当の現実的理想を

大半の方はすぐに言えないのではないでしょうか。

分析の手段としては、

就職活動でよく使われる自己分析シートの使用し自己分析

婚活後の自己分析

業者に婚活分析を依頼し他者分析

などがあります。

自分だけでなく、他人から見た自分を取り入れてみるのも

面白いかもしれませんね。

f:id:hashiasa:20210502183722j:plain

③意識

「かっこいい男性がいい」

「綺麗でスリムな女性がいい」

など思われるとおもいますが、

では、それを求めるご自身はどうでしょうか。

そういった相手も、同様同じ事を求めていると思います。

「夫婦は似てくる」

と言われるように、相手は自分を映す鏡です。

まずは、相手に求める事は自分も最低限、

意識するようにしましょう。

意識するしないでは、

大きく変わってくると思います。

例えば、清潔感を気にかけるだけで、

第一印象が良くなり、異性でなく、

ビジネスの場面でも好印象を持たれる事

間違えなしです。

プライベートでもビジネス面でも

いい影響ですね。

まずは、無理なく意識してみる事から始めて

みてはいかがでしょうか。

 

どうでしたでしょうか。

これを機に、自分を改めて知る事は、

男女共に婚活以外でも、

仕事や交友関係にもいい影響が生まれてきます。

婚活を始めたいけど、ちょっと一歩が踏み出せない、

という方は、まずは自己分析をし、

自身を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

 

保険コネクト 厳選したプロが提案する保険

こんにちは、Asaです。

前回、積立型の保険について

お伝えさせてもらいましたが、

いかがだったでしょうか。

結局どれを選んでいいか分からない

自分で調べても複雑で分からない

加入している保険が合っているか分からない

という方に、

厳選されたプロを紹介して貰える

「保険コネクト」

という保険の相談をできる会社の

特徴についてお話していきたいと思います。

 

f:id:hashiasa:20210508160507j:plain

 

①経験豊富なプロのみを厳選

経験歴5年以上、高評価のプロのみを

厳選しています。

ノルマがないため、お客さんを優先して考えてくれます。

保険販売を行う機関ではなく、

全国の保険販売窓口を比較をしている

サービスのため、

個人の需要にあった

保険のプロを提案してもらえます。

イエローカード制度)

お客様さんから評判が悪かったり、

クレームが多かったりした保険のプロは、

掲載されないようになっているので、

ご安心して相談することができます。

(細かな審査基準)

口コミによる調査

保険の紹介実績がある

インターネット上の口コミなどによる悪評調査

など、厳正なる基準をクリアした

保険のプロのみを厳選しています。

 

②しつこい勧誘や営業行為を禁止

よく他社の口コミでも見かける勧誘。

強引な勧誘だと、

本当にこの方は自分のためを思ってくれているのだろうか、

と疑いの気持ちを抱いたり、

意欲も消失してしまったりしますよね。

このように、予め勧誘しない、

と宣言してもらえる事は、

とても安心ですね。

 

f:id:hashiasa:20210508155502j:plain

③訪問型

実際に店舗を持たず、自宅やカフェなどで

保険相談を行うタイプの保険相談サービスで、

気軽に相談できるのも特徴です。

 

④今ならキャンペーン中

無料相談した全員が貰える

プレゼントのキャンペーン中です。

いつこのキャンペーンが終了するか

分からないので、検討している方は

お早めにご相談下さいね。

 

いかがでしたでしょうか。

特に、勧誘や断る事が苦手な方に、

とてもお勧めだと思いました。

相談の日程がきまれば、

・現在加入している保険があれば、保険証券の用意

・収入やローンの状況の把握

・質問事項を事前に考えて多く

など、事前準備をしておくと、

当日スムーズに相談が行えるのでお勧めです。

あと、後々振り返ると、忘れていまう事も多いので、

メモを取りながら聞くことも大事ですね。

 

 

貯蓄型保険のメリット・デメリット

皆さんこんにちは、Asaです。

「保険」と聞くと、どのようなイメージを

されますか?

正直よくわかっていない、という方も

多いと思います。

本日は、中でも最近人気がある、

貯蓄型保険

についてのコンテンツをわかりやすく

お届けしていきたいと思います。

f:id:hashiasa:20210508160124j:plain

 

◆貯蓄型保険について

以前のコラムでもお話しましたが、

万が一のときの保障をするのが生命保険でした。

この生命保険の商品の中には、

期間満了時に満期保険金を受け取ったり、

解約した時に。解約返戻金を受け取ったり

することができる商品があります。

このように、お金を受け取ることができる

保険商品を、

「貯蓄型保険」と呼んでいます。

保険期間は一生涯、終身、一定期間のものがあります。

 

◆「貯蓄型」と「掛け捨て型」の違い

掛け捨て型は(死亡保障、医療保険がん保険、就業不能保険など)

人生においてのリスクに備えるための保障

貯蓄型は(学資保険、個人年金保険など)

ライフイベントに必要な資金を備えるための保障

それぞれ目的に合った商品を選びましょう。

 

◆積立型のメリット

保障と貯蓄の両方ができる

保障だけでなく、保険料を積み立てていくので

貯蓄として機能し、掛け捨てになりません。

 

資産形成の一つとなる

プランによっては、計画的に資産を増やすことができます。

しかし中には、解約返戻金が払込保険料より下回ったり、

解約返戻金が受け取れなかったりする場合もあるので、

契約時に十分把握し、確認しておく事が必要です。

 

積み立てた中からお金を借りる

借りられる金額は、

契約している保険によっても違いますが、

解約返戻金を担保として

お金を借りることができる制度があります。

解約返戻金のある保険商品の多くは、

もしも一時的に保険料の支払いが

滞ってしまったとしても、

解約返戻金の範囲内で保険料を

自動的に保険会社が立て替え

契約を継続させてくれる、

「保険料の自動振替貸付」

という仕組みがあります。

 もちろん契約者は返済の必要があり

利息が発生しますが、

解約せずに保険契約は継続することができます。

万が一、

一時的に支払いができなくなった時の事を

考えると安心ですね。

f:id:hashiasa:20210508160158j:plain



◆積立型のデメリット

掛け捨て型よりも保険料が高い

積立は家計に無理なく行っていくものです。

積立保険が本当に必要なのか、

目的や予算を考慮し検討していきましょう。

 

解約時期によっては損をすることがある

特に早期解約には注意が必要です。

この場合、約返戻金が払込保険料の総額を大きく下回るか、

解約返戻金が全く戻ってこないこともあります。

 

インフレの影響を受けやすい

ほとんどの積立型が、契約時の金利で固定されます。

不景気で低金利の時に契約すると、

将来、物価や金利上昇する可能性が大きいので、

注意が必要です。

 

いかがでしたでしょうか。

目的を明確にし、無理ない範囲内で

保険のタイプを選んでいきましょう。

高額請求にならないための生命保険のメリット・デメリット

こんにちは、Asaです。

突然ですが、皆さんの周りで

「保険に入っておけばよかった~」

と後悔していた人を耳にした事はありませんか。

 

 私の知人で何名か突然、気胸になったり、交通事故に巻き込まれてしまい、

入院や手術をせざるを得ない方が今までにいました。

この時に彼女達が言っていた言葉です。

もちろん若ければ病気になるリスクは低いですが、

日々年を重ね身体は衰えていっているのですから、

いつなんらかの異変が起きてもおかしくありません。

今日は、若いからといって全く関係ないわけでない、

生命保険のメリット・デメリットについてお話していこうと思います。

 

f:id:hashiasa:20210403194629j:plain

 

 

 

 

 

◆生命保険とは

契約者が、保険料を支払うことで、

病気やケガ・死亡等でお金が必要になった時、

給付金や保険金を受取ることができる

相互扶助で成り立っています。

終身保険、定期保険、個人年金保険、学費保険など

様々な保険があります。

わかりやすくいうと、

命や身体のリスクに備える保険であり、‍

ヒトを対象としている保険が生命保険です。

「第一分野」とされています。

2020年度版の「生命保険の動向」によると、

2019年度末の個人保険の保有契約件数は、

1億8,748万件というデーターが出ており、

12年連続増傾向にあります。

日本でも、かなり大勢の方が、

生命保険に加入していると言えますね。

 

医療保険と何が違うの?

医療保険は、病気やケガで入院や手術をした時などに、

受取人が給付金を受け取れる保険であり、

公的医療保険の補てんを目的として加入する保険です。

他に、がん保険介護保険などありますが、

生命保険・損害保険の明確な区分ができない保険

「第三分野」として分けられています。

アメリカ旅行でケガや病気した時、

高額請求がきてしまった、というのは有名な話ですね。

私がカナダに留学していた時、もちろん個人的に保険に入りました。

でも、数名の知り合いの日本人はそれでも加入していませんでした。

その内のある一人の知人が、

運悪く突然の腹痛に襲われ、最終的には緊急手術となりました。

子宮が捻転した事が原因だったそうです。

1泊2日の腹鏡下で、短時間の手術だったのですが、

全額自己負担で40万近く支払いをし、

メキシコへの旅行代を失った、

としばらく嘆いていました。

もう少し大きな手術となると、何百万となるみたいです。

海外では、公的医療保険の対象が、

高齢者や障害者、低所得者となっており、

それ以外の人々は、個人で民間の医療保険入り

備えるようになっているからですね。

「大丈夫だろう」と思っている時ほどこそ、

運悪く当たってしまうものです。

皆さんは、海外旅行にいく時は注意してくださいね。

短期間の旅行でしたら、クレジットカード付帯の保険で充分です。

その時は、保険の内容を事前に確認しておく事をお勧めします。

 

◆第二分野である損害保険

モノに関わるリスクに備える保険です。

自動車保険、火災保険、個人賠償責任保険などがあります。

 

さあ、これで保険が大きく三分野に分かれている

という事が分かりましたね。

しかし保険と言えど、メリット・デメリットはつきものです。

さっそく、チェックしていきましょう!

f:id:hashiasa:20210403194019j:plain

◆生命保険のメリット

⑴万一の時の保障

加入年齢や持病などにもよりますが、万が一の時の生活を保証できる

保険金額が設定できます。

 

相続税対策

非課税枠を利用し、保険金を確実に渡す事ことができます。

 

⑶節税

生命保険料控除として、一定額を所得から控除でき、

課税される所得を減らし、所得税・住民税の軽減をする事ができます。

 

 

 ◆生命保険のデメリット

⑴保険料の支払い

生活に支障のない金額を設定しましょう。

状況によっては、掛け捨てでも良いです。

万が一の時のお守りですね。

また、早期に解約すると損することもあるので、

契約時に確認しておくことが必要です。

 

⑵価格相場の変動

リーマンショックコロナウイルス感染など、

予期せぬ事態は起こってしまいます。

 加入した時期や保険内容にもよりますが、

インフレなどにより貨幣価値が変わってしまうと、

保障にマイナス影響を受けてしまう事もあります。

 

保険会社は、健康や経済動向などから

保険内容を数年スパンで見直しており、

その時々、保証内容を変更していってい

よって、結婚や家族が増えるタイミングなど、

数年に1度、契約内容の再確認や見直しをしていくことは、

必要ですね。